株式会社京丸


トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者の紹介新着情報お問い合わせ会員登録カートの中

 

静岡と鰻の養殖
 静岡県で鰻の養殖が始まったのは今から100年ほど前の
明治33年。浜名湖が鰻の養殖に適しているということで、体調15cmぐらいに成長したクロコウナギを捕ってきて育てるという、当時としては画期的な方法で鰻の養殖が始まりました。その後、大正11年には榛原郡吉田町でも養殖組合が設立され、大井川水系の南アルプスの良質で豊富な伏流水を利用しての養殖が始まりました。浜名湖も大井川の河口ににあたる吉田町も、気候が温暖な平地地帯で、川または湖の淡水が海に流れ込む間際にあり、海水と淡水が程よく混じり合うという共通点があります。この環境こそが鰻養殖に適した条件であり、そこに東海道の流通の利便性が加わって、静岡を“うなぎ処”として発展させた大きな要因となりました。

 

 
吉田町にある養鰻池


池で泳ぐ鰻

『うなぎボーン』の元祖は京丸
 昭和48年。京丸の前身は、鰻を養殖・加工し、今で言うテイクアウトのうなぎ弁当を販売するお店でした。創業者は、鰻を加工する時に出る骨を何か利用できないかと思案する中で、食べやすくなるように試行錯誤を重ね、骨せんべいを完成させました。この骨せんべいをたくさんの方に親しんでもらえるよう、商品名を『うなぎボーン』と命名し、お弁当屋の店先で販売し始めたのがはじまりです。販売当初からお客様に好評だったことを受け、昭和52年からは本格的に製造と販売を始め、昭和59年には生骨を利用した食品の製造方法で製法特許を取得。そして、昭和60年には、『第25回静岡県優秀発明思案者表彰』を静岡県知事よりいただきました。元祖だからこそ出せる味。京丸のうなぎボーンは昔ながらの製法で今もなお幅広い年代の方々にご指示をいただいております。

 


うなぎ弁当屋時代の京丸本店 

鰻は捨てるところがないほど
             栄養価の高い食品です

 鰻は古来より重要な栄養源として夏バテ防止、体力回復などのために食べられてきました。『土用の丑の日』に鰻を食べる習慣は江戸時代から。あの平賀源内が、昔から「丑の日」に「う」の付く食べ物を食べると夏やせしないと言われていたことをうけ、知り合いのうなぎ屋に「本日は丑の日」と書いた看板を店先に出すよう勧めたところ、そのうなぎ屋がたいへん繁盛したので、他のうなぎ屋もそれを真似するようになったと言われています。夏の猛暑に負けないためにも、栄養素が豊富な鰻を食べることは、とても理にかなった習慣です。
 鰻の肉はビタミンA・B1・D・E等が豊富なことで有名ですが骨にも豊富なカルシウムをはじめ、たんぱく質・ビタミン類・リン等、身体にとって重要な栄養成分とミネラル成分がバランスよく含まれています。
 京丸のうなぎボーンは、そんな栄養満点の鰻の骨をまるごとおいしく召し上がっていただける商品です。